父とタバコ

更新日:

たばこから連想するのは父です。父はとにかくたばこが好きで、いわゆる愛煙家です。近年日本では禁煙が様々な場所で当たり前になってきており父のように愛煙家の方にはとても残念なご時世となってきたと思います。世間的には喫煙者の肩身は狭くなる一方ですし、課税割合も上がり、ますます愛煙家の皆さんは不自由な思いをされているとおもいます。確かに喫煙がもたらす身体への悪い影響は医学的にも理論づけられていますので、吸わない方が例えば、癌や心筋梗塞になるリスクは減るのかなと思いますが、愛煙家の方というのは煙草に依存をしているというより、煙草に火をつけてからの時間を楽しみ、そしてある意味の依存をしているのでしょう。私は喫煙者ではありませんが、なんとなくそれの意味がわかります。父もよく言っていました。「飯を食ってその後の一服はなんともうまい。」またある時は「仕事の休憩中に煙草に火をつけてコーヒーと一緒に煙草を吸っている時というのはなんとも幸せな気分だ」などただ単に煙草が吸いたい!などという単純な衝動ではないように感じています。私は幼いころから自然と、父親の煙草への美学を感じ、理解していたように思います。幼いころから、煙草吸った後や、時には吸いながら、抱っこをされたりしていたので煙草に対する嫌悪感は少ないかもしれません。
また思春期なども父に対して嫌悪感がなかったり、もともと父とは中が良かったからか父と同じ煙草の香りがすると懐かしくて、またなんだか心地よいのです。幼いころ、煙草の匂いが染みついた父の手に顔をうずめて「お父さんの手はなんでいつもこんな匂いがするだ?なんか変な匂い!」とか言いながらも、それ父の匂いとして認識してきたのかもしれません。不思議なもので、父の煙草と違う銘柄の煙草だと違和感があり、あまりいい気分ではないのです。たまに我慢できないくらい嫌な匂いもあるので、なかなか記憶というのはすごいものだと感じました。また、彼氏、結婚する相手が煙草を吸わない人となるのも何だか違う感覚が私にはあります。どんなに禁煙化が進んできて、健康志向であっても、煙草に火をつけて物思いにふけったり、しみじみコーヒーなお酒のを楽しめるような歓声を持った男性が素敵だななどとおもうのです。これも私の愛煙家の父からなる、ファザーコンプレックスなのでしょうか。自分は煙草は吸わないのに、煙草の香りとコーヒーの香りとが一緒になった時とても気分が高揚するのです。そして父を想うのです。

Copyright© 沖縄で流行ってる電子タバコはこれを選べばなんくるないさ , 2019 All Rights Reserved.